顧客接点の改善

顧客は基本的に、企業との接点を持つことによって、商品やサービスを認知し、興味関心を持ち、実際に購入するまでに至ります。

また、一人の顧客から継続して商品の購入・サービスの利用をしてもらうためには、顧客接点を継続していく必要があります。

デジタル時代の顧客中心のプラットフォームを構築する

企業は顧客リレーションシップを継続的に深め、顧客の高まる期待に応えるために、デジタルとリアルのチャネルをシームレスに統合する必要があります。

AI、ソフトウェア、テクノロジースタック、スマートデータなどを活用することは何もオンラインだけの要件などではありません。デジタルだけでなく、リアルのチャンネルでのブランドの確立・浸透にも役に立つことでしょう。

既にテクノロジーをうまく活用しているチームは、ニーズを予測し、顧客ひとりひとりに合わせたメッセージを送信することで、顧客満足度を高めています。

顧客を群像ではなく、個人として捉え、パーソナライズされたやりとりを行うことが、今日のビジネスで成功する最適解であり、確かな顧客満足に繋がる道のりでもあるのです。

業務運用プロセスの改善

働き方改革・ペーパレス化・業務効率化・企業価値向上のためにITを導入・活用したいと考える企業は増加傾向にあります。

テクノロジーの進化に伴い、日々の業務にも改革が必要です。

最適なテクノロジーの導入

低コストのデータセンサー、コンピュータの演算能力とストレージ、AI、モビリティ、ロボティクスの組み合わせにより、多くの業務プロセスが自動化されています。

しかし、これは資金が潤沢にある大企業に限られた話ではありません。多種多様なテクノロジーを取捨選択することで、低コストながらもテクノロジーの恩恵を享受することは可能です。

テクノロジーの導入の恩恵はコスト削減だけに留まらず、正確で透明性のある信頼性の高い業務の遂行を可能としてくれます。

業務の大小を問わず、様々な分野において、旧来の方法では成し得なかったことがテクノロジーによって実現可能な時代です。

製造プロセスの改善

これからの製造業にとって大切なことは、目先のコストダウンや省力化への対応だけではなく、生産技術力において差別化を図っていくことです。

先端技術に頼るだけではなく、競争力の向上のために生産プロセスの改善にも取り組み、自動化を推進します

”要所”ではなく”全体”として見ること

ものづくり現場のしくみの体系、起こっている問題への解決方法は、業界や国、企業の規模によって左右されるものではありません。

製造業が成長する上での最大の懸念は、部分最適に陥ることです。企業競争力を最大化するために、組織の全体最適の状況と阻害要因を分析し、製造プロセスを可視化することで、部門間におけるコンフリクトを明確にし、本来持っている企業競争力を高めます。

開発・技術部門における業務にメスを入れて更なる生産性向上を図るための業務改革コンサルティングをご提供しております。様々なデータや現場調査に基づく客観的な視点で、ものづくりの業務プロセスに点在する問題を改善していきます。